伊藤直江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 直江(いとう なおえ、1829年 - 1876年)は、筑前国鞍手郡鞍手町古門出身の、江戸時代国学者である。また、宗像大社禰宜福岡藩学校教官でもあり、藩の教育には、特に尽力した。

著作[編集]

  • 「桜井神庫学館創設由来所」
  • 「伊勢参の日記」
  • 「家事雑記」
  • 「太宰管内志八十二巻他著書全九十八巻」