伊藤文子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤文子 Portal:陸上競技
Fumiko Ito 1960.jpg
1960年のオリンピックでの伊藤文子
選手情報
フルネーム いとう ふみこ
ラテン文字 Fumiko Ito
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 走幅跳
生年月日 (1940-03-05) 1940年3月5日(81歳)
出身地 日本の旗 日本 茨城県
没年月日 ????????
身長 159cm
体重 49kg
自己ベスト
走幅跳 6m11(1961年)[1]
獲得メダル
日本の旗 日本
アジア競技大会
アジア競技大会
1962 ジャカルタ 走幅跳
編集 テンプレートのヘルプを表示する

伊藤 文子(いとう ふみこ、1940年3月5日 - )は、日本の走幅跳選手。日本選手権2連覇、元日本記録保持者。1960年ローマオリンピックに出場し、1962年アジア競技大会では銀メダルを獲得した[2]。夫も陸上競技選手の鈴木章介(1964年東京オリンピックに十種競技で出場)で、結婚後は鈴木姓を名乗っている[3]

経歴[編集]

茨城県龍ケ崎市出身[4]茨城県立竜ヶ崎第二高等学校卒業[5]。高校卒業後はリッカーミシンに所属[5][注釈 1]。1959年には日本陸上競技選手権大会女子走幅跳で優勝。翌1960年の日本選手権で2連覇を果たした。

1961年4月29日には走幅跳で6m11を記録[1]山内リエが1947年に立てた記録(6m07)を塗り替える日本記録であった[注釈 2]

備考[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 東京都立川市は「立川市にゆかりのあるオリンピアン・パラリンピアン」に伊藤を挙げている[6]。立川市にはリッカーの工場があった。
  2. ^ この記録は、1964年9月13日に香丸恵美子によって更新された(6m17)。2010年末日時点でも歴代100傑に残る(60位)大記録となっている[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c 日本歴代100傑に残る古い記録/女子・全種目別編”. 日刊スポーツ (2011年6月2日). 2021年8月18日閲覧。
  2. ^ Fumiko Ito Archived December 3, 2016, at the Wayback Machine.. sports-reference.com
  3. ^ 鈴木章介さん、期待と重圧「出たものしか分からない」…64年東京五輪・十種競技15位” (2019年7月19日). 2021年8月18日閲覧。
  4. ^ a b 龍ケ崎タイムズ @ryugasaki_times (2019年12月6日). “たつのこフィールドのメインスタンド脇に立つ6m11cmの伊藤記念ポール!”. twitter. 2021年8月18日閲覧。
  5. ^ a b 束原 2013, 266頁.
  6. ^ 立川市にゆかりのあるオリンピアン・パラリンピアン”. 立川市. 2021年8月17日閲覧。

参考文献[編集]