伊藤敬一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 敬一
(いとう けいいち)
生誕 1933年
日本の旗 山口県
居住 日本の旗 日本
研究分野 薬学
研究機関 東京大学
静岡県立大学
北海道薬科大学
出身校 東京大学医学部卒業
東京大学大学院医学研究科
博士課程修了
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

伊藤 敬一(いとう けいいち、1933年昭和8年〉 - )は、日本薬学者薬学博士東京大学)。北海道薬科大学名誉教授、元北海道薬科大学学長山口県出身

略歴[編集]

研究領域[編集]

専門は有機化学や化学系薬学。複素芳香族アジト類の光化学反応やソラレン類緑化合物に関する薬品科学的研究、発蛍光性複素芳香族試薬の開発

受賞歴[編集]

瑞宝中綬章(2009年)[2]

主著[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 学位論文書誌データベース
  2. ^ a b 伊藤敬一前学長が秋の叙勲で瑞宝中綬章を受章」『桂』第107巻、北海道薬科大学、2010年3月10日、2010年11月15日閲覧。“平成21年秋の叙勲において瑞宝中綬章を受章しました。”

参考文献[編集]

先代:
木島正夫
北海道薬科大学学長
第3代: 1990年 ‐ 2004年
次代:
大和田榮治