伊藤嘉章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 嘉章(いとう よしあき、1955年3月23日 - )は、日本外交官国際公務員アジア海賊対策地域協力協定情報共有センター初代事務局長などを経て、駐コスタリカ特命全権大使

人物・経歴[編集]

東京都出身。1979年東京大学大学院修了、外務省入省[1]海洋法などを担当した[2]。1995年在南アフリカ共和国日本国大使館一等書記官。1999年外務省経済局国際経済第一課企画官漁業室長。2003年国際連合日本政府代表部参事官[3]。2007年にはアジア海賊対策地域協力協定情報共有センター発足会議で初代事務局長に選出された[2]。2010年在シンガポール日本国大使館参事官。同年在エチオピア日本国大使館公使。2012年国際海事機関事務局長特別補佐官兼タスクフォース長。2014年ムンバイ総領事。2017年駐コスタリカ特命全権大使[3]

脚注[編集]

  1. ^ モロッコ大使に花谷氏 日本経済新聞2017/4/7 10:16
  2. ^ a b アジア海賊対策地域協力協定 東京海上日動 マリンニュース
  3. ^ a b 伊藤嘉章大使のプロフィール外務省

外部リンク[編集]

先代:
(初代)
ReCAAP-ISC事務局長
2007年 - 2010年
次代:
遠藤善久