伊藤主税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いとう ちから
伊藤 主税
生年月日 (1978-12-03) 1978年12月3日(44歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県豊橋市
血液型 AB型
職業 プロデューサー
活動期間 2004年 -
主な作品
青の帰り道
デイアンドナイト
ゾッキ
テンプレートを表示

伊藤 主税(いとう ちから、1978年12月3日 - )は、日本映画プロデューサー愛知県豊橋市出身。株式会社and pictures代表取締役。

来歴・人物[編集]

  • 俳優活動を経て、映画プロデューサーとして活動。映画で文化を生みたいと、映画製作会社(株)and picturesを設立。社名「○○と映画」には“映画表現は自由”という意味が込められている。映画製作をきっかけとした地域活性化プロジェクトの推進、俳優向けの演技ワークショップやプラットフォーム開発で映画産業の発展を目指す。
  • 藤井道人監督と阿部進之介が企画した『デイアンドナイト』以降、山田孝之と共同で『ゾッキ』(2021)、『MIRRORLIAR FILMS』(2021)を企画・プロデュース。『デイアンドナイト』が牧有太監督の『TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY No Pain, No Gain』に、『ゾッキ』の裏側が篠原利恵監督『裏ゾッキ』に収められている。
  • 映画製作をきっかけとした地域創生を推進。山田孝之、阿部進之介らと発足した俳優に向けた情報プラットホーム「mirroRliar」を発展させ、多様なクリエイターの短編製作と地域ワークショップを連携させた「MIRRORLIAR FILMS PROJECT」を始動。教育事業にも力を入れ、2020年10月よりオンライン・アクターズ・スクール「ACT芸能進学校(A芸)」を開校した。

プロデュース作品[編集]

  • 『唄う六人の女』(2023年)
  • 『Winny』(2023年)[1]
  • 『その声のあなたへ』(2022年)
  • 『∞ゾッキ シリーズ』(2022年)
  • 『MIRRORLIAR FILMS Season4』(2022年)
  • 『MIRRORLIAR FILMS Season3』(2022年)
  • 『MIRRORLIAR FILMS Season2』(2022年)
  • 『MIRRORLIAR FILMS Season1』(2021年)
  • DIVOC-12』(2021年)
  • ゾッキ』(2021年)
  • 『裏ゾッキ』(2021年)
  • Daughters』(2020年)
  • たぶん』(2020年)
  • デイアンドナイト』(2019年)
  • 青の帰り道』(2018年)
  • 』(2018年)
  • 古都』(2016年)
  • BAILE TOKYO』(2016年)
  • サブイボマスク』(2016年)
  • ホテルコパン』(2016年)

脚注[編集]

  1. ^ 映画『Winny』|公式サイト” (日本語). winny-movie.com. 2023年1月20日閲覧。

外部リンク[編集]