伊東祐丕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
伊東 祐丕
時代 江戸時代後期
生誕 寛政9年閏7月15日1797年9月5日
死没 文化11年8月14日1814年9月27日
戒名 玄徳院三要宗心
官位 従五位下修理大夫
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
日向飫肥藩
氏族 日向伊東氏
父母 父:伊東祐鐘
兄弟 祐民祐丕
養子祐相

伊東 祐丕(いとう すけひろ)は、江戸時代後期の大名。日向国飫肥藩の第12代藩主

第10代藩主・伊東祐鐘の次男として誕生。文化9年(1812年)6月29日、兄で先代主・祐民が死去した際に嗣子がなかったため(懐妊中の正室はいた)、その養嗣子となって家督を継いだ。しかし2年後の文化11年(1814年)8月14日、18歳で死去した。

祐丕には嗣子は無く、祐民死後に祐民の正室が生んだ長男・祐相が3歳になっており、養嗣子として家督を継いだ。