伊東祐福

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
伊東 祐福
時代 江戸時代中期から後期
生誕 元文5年12月5日1741年1月21日)?
死没 天明元年7月20日1781年9月8日
改名 虎三郎(幼名)→祐福
官位 従五位下出雲大和豊後
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
日向飫肥藩
氏族 日向伊東氏
父母 父:伊東祐隆、母:愛宕通晴(中納言)の娘
兄弟 祐福祐武、搖泉院(亀井矩貞正室)
正室中川久貞娘・
祐鐘(長男)、祐甫(三男)

伊東 祐福(いとう すけよし)は、江戸時代中期から後期にかけての大名。日向国飫肥藩の第9代藩主

第8代主・伊東祐隆長男として日向飫肥にて誕生。元文5年(1740年)12月5日生まれと言われているが、享保20年(1735年)生まれとも言われている。宝暦7年(1757年)、父の死去により家督を継いだ。明和8年(1771年)、仙洞御所の造営を担う。

天明元年(1781年)7月20日、42歳で死去。家督は長男・祐鐘が継いだ。