伊東祐之 (飫肥藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
伊東祐之
時代 江戸時代中期
生誕 享保12年5月8日1727年6月26日
死没 延享元年9月2日1744年10月7日
改名 熊太郎(幼名)→祐之
官位 従五位下大和
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
日向飫肥藩
氏族 日向伊東氏
父母 父:伊東祐永、母:伊東祐崇娘(伊東祐実の養女)
兄弟 祐隆祐房祐順祐之、娘(九鬼隆邑正室)、娘(伊東祐恵室)
養子祐隆
テンプレートを表示

伊東 祐之(いとう すけゆき)は、江戸時代中期の大名日向国飫肥藩の第7代藩主

第6代主・伊東祐永の9男として江戸藩邸にて生まれた。元文4年(1739年)、父の死去により家督を継ぐ。この頃の藩政では、荒川稲や町人による渡船・踊興行などが広まったと言われている。寛保2年(1742年)、江戸で発生した寛保二年江戸洪水にて、西国大名の手伝い普請に参加した。

延享元年(1744年)9月2日、18歳で死去した。嗣子が無く、庶兄・祐隆が家督を継いだ。