伊勢寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊勢寺
Iseji01.jpg
所在地 大阪府高槻市奥天神町1-1-19
位置 北緯34度51分39秒 東経135度37分07秒 / 北緯34.860704度 東経135.618727度 / 34.860704; 135.618727
山号 金剛山
宗派 曹洞宗
本尊 聖観音菩薩
テンプレートを表示

伊勢寺(いせじ)は、大阪府高槻市にある曹洞宗の寺院である。山号は金剛山。本尊は聖観音菩薩

歴史[編集]

この寺は、平安時代女流歌人三十六歌仙の一人伊勢姫開基とする。宇多天皇の死後、伊勢姫は古曽部の地に隠棲してを結んだ。伊勢姫の死後の寛平3年(892年)、その草庵は伊勢寺と号し、天台宗に属した。天正年間高山右近の兵火に焼かれたが、江戸時代寛永年間、僧宗永によって再興され曹洞宗に改められた[1][2]

境内[編集]

伊勢廟堂
  • 山門
  • 中門
  • 本堂
  • 伊勢廟堂(伊勢姫廟)
  • 伊勢姫顕彰碑
  • 和田惟政

所在地[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 天坊幸彦 1953, p. 32-33.
  2. ^ 入江唯信 1981, p. 23.

参考文献[編集]

  • 天坊幸彦 『高槻市制十周年記念出版 郷土高槻叢書第五集 高槻通史』 高槻市役所、1953年
  • 入江唯信 『わがふるさと古曽部』 光月山文庫、1981年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 伊勢寺(高槻市公式Webサイト インターネット歴史館)
  • 伊勢と伊勢寺(高槻市公式Webサイト インターネット歴史館)