伊与部家守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
伊与部家守
時代 奈良時代 - 平安時代初期
生誕 不明
死没 延暦19年10月15日800年11月5日
官位 従五位下伊賀守
主君 光仁天皇桓武天皇
氏族 伊与部
父母 父:伊与部福人
真佐、善道真貞
テンプレートを表示

伊与部 家守(いよべ の いえもり)は、奈良時代から平安時代初期にかけての官人儒学者[1]。従五位下・伊余部馬養の曾孫とし、伊与部福人の子とする系図がある。官位従五位下伊賀守

経歴[編集]

宝亀6年(775年)第16次遣唐使の明経請益生に補され、宝亀8年(777年)渡唐してにおいて『五経大義』『切韻』『説文』『字体』を習得する。宝亀9年(779年)帰国すると直講に任ぜられ、のち助教に昇進した。[2]

延暦3年(787年右大臣藤原是公により、家守に『春秋』の3つの注釈書(春秋三伝:『春秋左氏伝』『春秋公羊伝』『春秋穀梁伝』)の講義をさせる旨の上奏が行われた[3]。延暦10年(791年従五位下に叙せられる。

延暦19年(800年)10月15日卒去。最終位階は外従五位下。

逸話[編集]

釈奠の際に孔子の肖像を掲げる場所について、諸儒学者の見解が一致しなかった。そこで家守は経書の内容や唐でのやり方を勘案して、詳細な報告書を作成して上奏した。その結果、君主のものと同様に孔子の肖像は南面して掲げることに決まったという[2]

官歴[編集]

続日本紀』による。

系譜[編集]

  • 父:伊与部福人[4]
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女

脚注[編集]

  1. ^ 続日本紀』延暦10年正月7日条
  2. ^ a b 日本後紀』延暦19年10月15日条
  3. ^ 令集解』巻15,延暦17年3月16日太政官符
  4. ^ a b 鈴木真年『百家系図稿』巻9,善道朝臣
  5. ^ 『続日本後紀』承和12年2月20日条

参考文献[編集]