仙石正和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仙石 正和(せんごく まさかず、1944年 - )は、日本の工学者。新潟大学名誉教授。専門は情報通信工学、情報ネットワーク、ネットワーク工学。

経歴[編集]

長野県松本市生まれ。長野県松本県ヶ丘高等学校[1]を経て、昭和42年新潟大学工学部電気工学科卒業。昭和47年北海道大学大学院博士課程修了、工学博士。北海道大学工学部助手、新潟大学工学部助教授を経て教授[2]。2008年、電子情報通信学会功績賞を受賞。新潟大学副学長、理事を務めた[3]。 2014年事業創造大学院大学学長・教授。

著書[編集]

  • 『工学力のデザイン』共著(丸善 2007)
  • 『電子情報通信ハンドブック』電子情報通信学会編(共著電子情報通信学会編):
  • 『電気の不思議 ―エレクトロニクスへの招待―』(コロナ社 1995)
  • 『新版情報処理ハンドブック』共著(情報処理学会編 オーム社 1995 )
  • 『演習グラフ理論 ―基礎と応用―』共著(コロナ社 1983)など

出典・脚注[編集]

  1. ^ 高校15回卒(松本県ヶ丘高校 母校愛のリレー)
  2. ^ 仙石 正和 - 研究者 - researchmap
  3. ^ 仙石 正和 - 新潟大学工学部

外部リンク[編集]