今井祝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今井 祝雄(いまい のりお、1946年 - )は、日本造形作家。元成安造形大学教授(構想表現クラス)。

妻は、「めだかの列島」などで知られるノンフィクション作家・今井美紗子。「わたしの仕事」では夫婦で取材をおこなっている。

来歴[編集]

大阪府出身。大阪市立工芸高校在学中から吉原治良に師事する。1964年、個展「17歳の証言」をヌーヌ画廊で開催。同年、第14回具体美術展に最年少の高校生ながら出展[1]。1965年から1972年解散まで具体美術協会会員。1966年、第10回シェル美術賞1等賞受賞。以来パリ青年ビエンナーレはじめ東京国立近代美術館、芦屋市立美術博物館など内外の企画展に出品、現在に至る。

1980年以降は主にパブリックアートを手がけ、新大阪駅前、関西文化学術研究都市、京阪坂本駅ほかに彫刻、モニュメントを制作。1994年、神戸に竣工した「夢創館」を構想設計。翌年、阪神・淡路大震災で難を逃れた同館にて「創造にむけてのガレキ」展を開催するなど、アートからの社会的展開を実践。

2012年、成安造形大学教授を退任[1]。2013年、ニューヨークグッゲンハイム美術館で開催された具体美術協会の回顧展「具体:素晴らしい遊び場 Gutai: Splendid Playground」に出展[2]

著書[編集]

  • 『都市のアートスケープ』(ブレーンセンター、1990年)
  • 『アーバンアート─芸術からの街づくり』(学芸出版社、1994年)
  • 『商店街と現代アート』(共著、東方出版、1999年)
  • 『白からはじまる―私の美術ノート』(ブレーンセンター 、2001年)
  • 『未完のモニュメント─まちのアートは誰のもの?』(樹花舎、2004年)

脚注[編集]