今井忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今井忍(いまい しのぶ、1903年-1976年8月20日[1])は、日本の会計学者。

島根県松江市出身。1931年東京商科大学卒。1962年「原価管理の基礎理論と生産技術との関連性に関する研究」で中央大学商学博士。1937年三菱化成工業勤務、42年海軍省嘱託、日本原価計算協会常務理事、1946年物価庁参与、経済安定本部委員、1949年千葉工業大学教授、1951年中央大学教授、1963年成蹊大学教授[2]。75年退職[3]。  

著書[編集]

  • 『商店経営読本』高陽書院 1934
  • 『商店経営十講』高陽書院 1936
  • 『原価計算の運用』伊藤書店 1944
  • 『原価計算入門』千倉書房 1947
  • 『誰にもわかる会社経理』伊藤書店 1948
  • 『原価計算組織の立案 原価計算実施手続の作成法』産業経理協会出版部 1949
  • 『化学工業の原価計算』ダイヤモンド社 1950
  • 『税務署に認められる商店帳簿のつけ方』商店界社 1950
  • 『税務簿記の手ほどき』日本経済社 1950
  • 『原価管理 コスト・コントロール』日本経済社 経営技術全書 1952
  • 『原価管理 その理論と実施』中央経済社 1954
  • 『原価計算入門 コスト引下げのために』同文館 1955
  • 『原価計算論』税務経理協会 1956
  • 『工業会計入門 コスト引下げのために』同文館 1956
  • 『管理技術と原価計算 原価管理の構成とその領域』国元書房 1957
  • 『講座新しい経営と労働 第2巻 第2冊 原価管理』有信堂 1959
  • 『近代企業の原価管理』森山書店 1961
  • 『現代原価管理』中央経済社 1965
  • 『情報化社会の原価管理』森山書店 1970

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • アメリカ経営協会編『コスト引下げの近道 そのケースと着眼点』日本事務能率協会 1961
  • Billy E.Goetz『経営計画と統制』矢野宏共訳 日刊工業新聞社 1963

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『情報化社会の原価管理』著者紹介
  3. ^ 「今井忍先生,松本雅男先生〔退職〕記念号」成蹊大学経済学部論集 1975-03