人口動態統計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

人口動態統計(じんこうどうたいとうけい)は、一年を通して厚生労働省が集計・公表を行う出生死亡死産婚姻離婚の集計である。

日本の人口動態事象を把握し、人口及び厚生労働行政施策の基礎資料を得ることを目的とする[1]

調査事項[編集]

  • 人口動態調査票は、出生票、死亡票、死産票、婚姻票、離婚票の5種であり、その概要は次のとおりである。
  1. 出生票:出生の年月日、場所、体重、父母の氏名及び年齢等出生届に基づく事項
  2. 死亡票:死亡者の生年月日、住所、死亡の年月日等死亡届に基づく事項
  3. 死産票:死産の年月日、場所、父母の年齢等死産届に基づく事項
  4. 婚姻票:夫妻の生年月、夫の住所、初婚・再婚の別等婚姻届に基づく事項
  5. 離婚票:夫妻の生年月、住所、離婚の種類等離婚届に基づく事項

脚注[編集]

外部リンク[編集]