交響曲第13番 (ミャスコフスキー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

交響曲第13番 変ロ短調 作品36は、ニコライ・ミャスコフスキー1933年に作曲した交響曲。単一楽章からなり、3つの部に分けることができる。

  1. Andante moderato
  2. Agitato molto e tenebroso
  3. Andante nostalg

初演はレオ・ギンズブルクの指揮で行われた。1994年11月9日には尾高忠明指揮BBCウェールズ交響楽団の演奏がBBC Radio 3にて放送された。

中間部はフガートと消え入る静かな動機を含む不協和音からなり、ミャスコフスキーの最も不協和音のある作品である。この交響曲は演奏に20分を要する。

録音[編集]