亘理町自衛官殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

亘理町自衛官殺害事件(わたりちょうじえいかんさつがいじけん)とは、2000年8月に発生した殺人事件である。

概要[編集]

2000年8月6日宮城県亘理郡亘理町でパート従業員Aは、陸上自衛官である夫を保険金目的でB(A仙台市内ホステスをしていた時の客)やCDEらと共謀した上で自宅にて首を絞めて殺害した。

宮城県警の捜査員は病院で遺体を検視後、現場に赴いてAから「帰宅したら首をつっていた」と説明を受け、現場や遺体の状況、Aの話などを総合し自殺と判断していた。

Aらは事件後、受け取った1億数千万円の保険金を山分けしていたという。

BCが後に犯した仙台風俗店経営者強盗殺人事件の捜査で同事件が発覚した。

仙台地裁は、2010年10月1日Dに懲役13年6ヶ月、9月10日には、Eに懲役15年、11月19日には、A無期懲役をそれぞれ言い渡し、Aは上告したが仙台高裁2011年5月24日、無期懲役とした一審判決を支持し控訴を棄却し確定した。

関連項目[編集]