井出康平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井出 康平(いで こうへい、1983年5月17日- )は、競技麻雀のプロ雀士。千葉県鎌ケ谷市出身。血液型はO型。日本プロ麻雀連盟所属(第21期生)で、現在同団体内での段位は四段。同団体の二階堂亜樹は元妻。

略歴 [編集]

  • 2013年、第12回野口恭一郎賞・男性棋士部門を受賞。
  • MONDO TVの麻雀プロリーグには、第14回モンド杯から第18回モンド杯に5年連続出場。第16回モンド杯では、決勝第2戦オーラスで二軒リーチをかいくぐり、涙の初優勝を果たした。
  • 2019年6月17日、雑誌「フライデー」の報道を受け、二階堂亜樹との離婚を公表した[1]。二階堂との間に娘がいたが、娘の親権は井出が持っている。

人物 [編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 井出康平のツイート - 2019年6月17日

外部リンク [編集]