この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

五島高資

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

五島 高資(ごとう たかとし、1968年昭和43年)5月23日[1][2][3] - )は 俳人医師博士(医学))、地域学者。別号、篁風(こうふう)[2]。栃木県宇都宮市在住[3]。なお五島高資というのは本名ではなく俳人名[1][2]

略歴

長崎県長崎市出身[1][2]。幼いころより俳句に触れ、1982年には長崎新聞ジュニア俳壇年間優秀賞を受賞している[2]。「ホトトギス」の森大鈴に師事[2]1988年より「土曜」に加入し、隈治人に師事した[2]1990年、全国学生俳句大会推薦大賞兼文部大臣奨励賞を受賞する[1]。1993年自治医科大学医学部卒業[3]。1996年には最初の句集となる「海馬」を出版した[2]。1998年にはインターネット上の俳句会「俳句スクエア」を開設する[2]。同年、金子兜太に師事する[2]長崎県立長崎東高等学校自治医科大学自治医科大学大学院博士課程修了。

現在、「俳句スクエア」代表[3]、「海程」同人、「」同人、日本文藝家協会会員、現代俳句協会会員、日本ペトログラフ協会会員、邪馬台国の会会員、国立博物館特別支援者、宇都宮市文化財ボランティア協議会会員、宇都宮国際文化協会会員。趣味は剣道で2段[2]

年表

受賞歴

  • 1995年、現代俳句新人賞(第13回)[2]
  • 1997年、「海馬」;中新田俳句大賞スウェーデン賞〔平成9年〕[2]
  • 1999年、「欲望の世紀と俳句」;現代俳句評論賞(第19回)[1][2]

著書

句集

など。

共編著

共著

など多数。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 現代俳句協会|平成12年度受賞者プロフィール 2017年8月4日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 人物データベース 日外アソシエーツ2005年時点の登録情報 2016年4月8日確認
  3. ^ a b c d e f g h 朝日新聞 人物データベース 2014年09月16日時点登録情報 2016年4月8日確認

外部リンク