二宮洋二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二宮 洋二(にのみや ようじ、1951年3月23日 - )は、日本の財務官僚実業家。財務省北海道財務局長などを経て、佐賀共栄銀行代表取締役頭取

人物・経歴[編集]

神奈川県出身。1975年一橋大学経済学部を卒業し、大蔵省(現財務省)入省。主計局配属。1986年5月外務省シンガポール日本国大使館一等書記官、1990年7月大蔵省近畿財務局理財部長。

大蔵大臣官房政策金融課長などを経て、1997年7月大蔵省銀行局特別金融課長、1999年7月大蔵省北海道財務局長、2001年7月財務省大臣官房参事官大臣官房担当)、2002年7月財務省神戸税関長、2003年7月国土交通省大臣官房審議官兼財務省大臣官房付。2005年4月には、雪氷輸送物流システムプロジェクト実証実験のため、苫小牧市東部の視察を行った。2005年6月14日退官[1][2][3][4]

2005年6月放送大学学園理事、2008年10月地方公営企業等金融機構(現地方公共団体金融機構)理事、2011年6月株式会社TSIホールディングス監査役兼株式会社東京スタイル監査役[5]

2012年5月から株式会社佐賀共栄銀行顧問。2014年6月27日株式会社佐賀共栄銀行代表取締役頭取に就任[6]。佐賀共栄銀行と西日本シティ銀行との提携を行い、金融再編を進めるとの観測が流れた[7]

著作[編集]

  • 「大きな政府と小さな政府」『ESP : economy, society, policy』204、1982-08
  • 「最近の経済動向」『時の法令』、1983-02
  • 「最近の税収動向及び税収構造の変化」『ESP : economy, society, policy』213、1983-05
  • 「新株発行手続における算式表示方式の導入について」『旬刊商事法務』994、1983-12
  • 「1986年のシンガポール経済と87年の展望」『シンガポール日本商工会議所月報』4月、1987
  • 「海外経済事情」『ファイナンス』23(11)、1988-02
  • 「日本政策投資銀行法及び国民生活金融公庫法について」『ファイナンス』35(4)、1999-07

脚注[編集]

[ヘルプ]