亀井進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
亀井 進
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県下関市
生年月日 (1946-10-02) 1946年10月2日(72歳)
身長
体重
175 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

亀井 進(かめい すすむ、1946年10月2日 - )は、山口県下関市生まれの元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

下関市立名陵中学校から早鞆高校に投手として進学。1964年第46回全国高等学校野球選手権大会長門地区予選2回戦で、池永正明を擁し優勝候補筆頭に挙げられた下関商に完封勝利する。前年の選抜優勝、選手権準優勝校の県大会初戦敗退は全国でも大きく報じられた。勢いに乗った早鞆は西中国大会(当時は現在の1県1代表制ではなかった)を制し同校初の甲子園出場を決めると、本大会でも準優勝に輝いた。野球部の同期には中村正義古田忠士がいる。

翌年、大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)に入団。プロ野球で一軍登板はなく、1970年に引退した。

引退後も大洋球団に残り、マネージャーやスカウトなどを歴任し、編成部長などを務めた。

選手としての特徴[編集]

さほど恵まれた体格ではないが、全国屈指の剛腕池永に投げ勝った慎重さ、読みの深さが持ち味。さほど球威はないが、安定した合理的なフォーム、正しいコントロールから直球は外角を正確に突く。カーブの使い方もうまく、高速スライダーも投げる。夏の甲子園では5試合を自責点1(失点6)に抑え、予選も7試合中6試合を完封した[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 47 (1965年 - 1967年)
  • 78 (1968年 - 1970年)

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞1964年12月22日記事

関連項目[編集]

外部リンク[編集]