乾宏巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

乾 宏巳(いぬい ひろみ、1931年1月17日 - )は、日本歴史学者大阪教育大学名誉教授。専門は日本近世史(都市史)。東京都墨田区出身。

1956年、東京教育大学大学院文学研究科修士課程修了。東京都立高校教諭・大阪教育大学助教授を経て同大学教授。1996年退官。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『記録・都市生活史 なにわ大坂菊屋町』 (柳原出版、1977年)
  • 『豪農経営の史的展開』 (雄山閣、1984年)
  • 『江戸の職人―都市民衆史への志向』 (吉川弘文館、1996年)
  • 『近世大坂の家・町・住民』 (清文堂出版、2002年)
  • 『近世都市住民の研究』 (清文堂出版、2003年)
  • 『水戸藩天保改革と豪農』 (清文堂出版、2006年)