主は言われた (ヘンデル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

主は言われた』(しゅはいわれた、Dixit Dominus)HWV 232は、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルが1707年に作曲したラテン語の教会音楽。ウルガタ聖書の詩篇第109番(通常の聖書では110番)およびグロリア・パトリに曲を加えたものである。非常に激しく劇的な音楽になっている。

概要[編集]

ヘンデルはローマ滞在中、いくつかの教会用典礼音楽を書いているが、この作品はそのうち最初のものである[1]

おそらくローマ滞在中のヘンデルのパトロンのひとりであったコロンナ枢機卿(en)の依頼によって、1707年7月16日のカルメル山の聖母英語版の日の晩課で初演された[1][2][3]。曲は4月11日に完成した[4]

ヘンデルが詩篇に作曲した作品としては、ほかに『主のしもべたちよ、主をほめたたえよ』(Laudate pueri Dominum)、『主が家を建てるのでなければ』(Nisi Dominus)がある。いずれも『主は言われた』と同時期の作曲である。

ソプラノ2部、アルトテノール、バスの5部混声合唱とソロ、ヴァイオリン1/2、ヴィオラ1/2、通奏低音によって演奏される。

構成[編集]

曲の分けかたはかならずしも一定しない。

  1. Dixit Dominus(第1節)、合唱
  2. Virgam virtutis tuae(第2節)、アルト独唱
  3. Tecum principium(第3節)、ソプラノ独唱
  4. Juravit Dominus(第4節前半)、合唱
  5. Tu es sacerdos(第4節後半)、合唱
  6. Dominus a dextris tuis(第5節)、独唱歌手たちと合唱
  7. Judicabit in nationibus(第6節)、合唱
  8. De torrente in via bibet(第7節)、ソプラノ二重唱と合唱
  9. Gloria Patri et Filio、合唱

演奏時間は約30分。

脚注[編集]

  1. ^ a b ホグウッド(1991) pp.62-63
  2. ^ 渡部(1966) p.175
  3. ^ Program Notes: Dixit Dominus, Conspirare, https://conspirare.org/wp-content/uploads/Prog-Notes-Handel-Imbrie-P%C3%A4rt-Leibrock.pdf 
  4. ^ 渡部(1966) p.34

参考文献[編集]

  • クリストファー・ホグウッド『ヘンデル』三澤寿喜訳、東京書籍、1991年。ISBN 4487760798
  • 渡部恵一郎『ヘンデル』音楽之友社〈大作曲家 人と作品 15〉、1966年。ISBN 4276220157