丸住製紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
丸住製紙株式会社
Marusumi Paper Company Limited
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
799-0196
愛媛県四国中央市川之江町826番地
設立 1946年昭和21年)2月
業種 パルプ・紙
法人番号 5500001014778
事業内容 新聞用紙・出版用紙・印刷用紙・情報用紙・包装用紙・クラフトパルプの製造ならびに販売
代表者 星川 一冶
資本金 12億円
売上高 630億円(2014年11月期)[1]
従業員数 734名
決算期 11月
主要株主 丸紅(株) 32.16%
外部リンク http://www.marusumi.co.jp/
テンプレートを表示
丸住製紙

丸住製紙株式会社(まるすみせいし)は、愛媛県に本社がある日本の製紙企業。丸紅のグループに属している。

主要事業所[編集]

沿革[編集]

  • 1919年 - 現在の金生工場にて手漉和紙の生産開始。
  • 1946年 - 「丸住製紙株式会社」設立。
  • 1954年 - 丸井製紙株式会社を吸収合併、川之江工場として発足。
  • 1979年 - 大江工場が完成。
  • 1995年 - 丸紅と共同出資でニュージーランドに「マルスミワンガレイ株式会社」を設立。
  • 2015年 - 「しこくグリーンファーム」を設立し、農業分野に参入[2]

関連会社[編集]

  • 丸住テック株式会社
  • 丸住エンジニアリング株式会社
  • 丸住ライン株式会社
  • マルスミワンガレイ株式会社
  • 株式会社カミオー
  • トーヨデンサン株式会社

脚注[編集]

  1. ^ 愛媛経済レポート(2015)『愛媛の会社年鑑 最新2016年版』、129ページ。
  2. ^ 丸住製紙が農業参入 子会社、レタス水耕栽培 - 愛媛新聞(2015年9月26日)、2016年1月2日閲覧。

外部リンク[編集]