中野哲弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中野 哲弘(なかの てつひろ、1947年[1] - )は、日本の元裁判官宇都宮地方裁判所所長、知的財産高等裁判所所長等を歴任。日本大学教授。

経歴[編集]

おもな担当事件[編集]

  • 2010年11月16日乳酸菌飲料ヤクルトの容器を立体商標として登録しなかった特許庁の審決を取り消すようヤクルト本社がもとめた訴訟で、「ヤクルトの文字がなくても、形状のみで商品識別力を獲得している」とみとめ、審決取り消しを言い渡した[4]

著書[編集]

  • 『わかりやすい民事証拠法概説…手続の考え方と実際』 信山社出版(原著2003年8月)。ISBN 9784797254303
  • 『わかりやすい 民事訴訟法概説…手続の構造と手順』 信山社出版(原著2004年11月)。ISBN 9784797250640
  • 『わかりやすい債権総論概説…民法概説〈4〉』4、信山社出版〈民法概説〉(原著2005年1月)。ISBN 9784797252460
  • 『わかりやすい担保物権法概説』3、信山社出版〈民法概説〉(原著2001年1月)。ISBN 9784797252453

脚注[編集]

  1. ^ 中野 哲弘 - 日本大学研究者情報
  2. ^ “【人事】最高裁”. 産経新聞. (2012年3月12日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120312/plc12031206000002-n1.htm 2012年3月12日閲覧。 
  3. ^ [1]日本大学
  4. ^ “ヤクルト容器の登録認める=立体商標、ロゴなしで2例目-知財高裁”. 時事通信社. (2010年11月16日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201011/2010111600540 2011年1月20日閲覧。 

関連項目[編集]

  • 知的財産権 - 日本における知的財産訴訟の現状なども記載

外部リンク[編集]


先代:
阿部文洋
宇都宮地方裁判所長
2003年 - 2005年
次代:
大野市太郎
先代:
塚原朋一
知的財産高等裁判所長
2010年 - 2012年
次代:
飯村敏明