中西元彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中西元彦
生誕 (1954-10-16) 1954年10月16日(66歳)
出身地 日本の旗 日本三重県伊勢市
職業 音楽プロデューサー・作曲家・編曲家・演出家

中西 元彦(なかにし もとひこ、Motohiko Nakanishi、1954年10月16日 - )は、三重県出身の作曲・編曲家。

アーティストの育成・プロデュースを行う。

来歴・人物[編集]

バークリー型の音楽理論からさまざまなパーソナル理論・音律を研究する。

作曲者、演奏者の個性を最大限に活かす創作技法として、ジャズ&ポピュラー理論に現代音楽理論等々多種の音楽理論を融合させ、

また曲想を最大限に表現するための音律構築や、

さらに他次元のさまざまな科学的な側面から作曲・編曲・インプロビゼーションのために2020年に新構築した実践的ネオセオリー

(HDTMM~High Dimensional Texture Music Method~)を提唱する。

TV-CM音楽やアーティストへの楽曲提供をはじめ、コンサートや舞台、ファッションショー等のプロデュースや演出も手掛け、

デザイナー石野弘子によるファッションショーの専属演出家も務める。

アーティストのレッスン、クリニック、育成、プロデュースの他にもビジネスにおけるマーケティング戦略の指導も行っている。


2020年、音楽をはじめ様々な芸術を掘り下げ人間の感性とサイエンスの両面から捉えて創作をするラボラトリー

(IAI~Intelligence Arts Institute~)を創設。


<HDTMM>

High Dimensional Texture Music Methodとは、ジャズミュージックなどにおける新しいインプロヴァイズ手法として、

Super symmetry technique(超対称性技法)

Electron orbit approach(KLM軌道アプローチ)

Compound mode(可変分数コンポジットモード)

Meta arpeggio(高次複合アルペジオ)

Integration diatonic scale(和声統合単一スケール)

Fibonacci sequence diformation scale(フィボナッチ数列応用スケール)

Multi-layered structure chord(複合多層コード)

など、科学的側面から応用したアプローチによる新しいタイプのミュージックメソッドである。

また、現代物理学の「量子論」などを音楽の世界に応用する実践的音楽技法でもある。

これにより、アーティストの個性が最大限に活かされるコンテンポラリーインプロビゼーション・アドリブ・ハーモニー構築などが

よりスピーディーに行えるものとして自身は推奨している。


<大西由希子(現ユッコ・ミラー)の育成・プロデュース>

 高校の吹奏楽部で活動していた大西由希子の資質を見出し、ジャズ全般からジャズ理論に現代音楽・邦楽・ロック等、様々な要素を取り込んだ

コンテンポラリーセオリー(2004年構築ジャズ理論)や演奏表現を教育指導し、音楽の情緒性、知性、激しさを併せ持つアーティストへと育てた。

高校3年生から連日のパフォーマンス指導・レッスンを重ねて当時19歳の大西由希子をジャズ界にプロデビューさせる。

(楽器技術向上を図り、河田健氏をはじめ様々な奏者に重ねてレッスンを依頼)

その後(2009年〜2014年)、川崎市武蔵小杉のタワー(リエトコート)内オフィス「YUX」を拠点にして

音楽界・ファッション界・ブランドアンバサダー・スウィーツ・教則DVD出版(アトス・インターナショナル amazonベストセラー)

SNSの世界等、幅広く活動を展開させていった。


2012年、アパレルブランド「NUDEN RUDE」主催のPV出演を機会に、当時の芸能界・ジャズ界には例を見ないピンクヘアーで奇抜なユッコキャラクターを確立した。

オリジナル商品のユッコブランドとして

chocolate Yucco(バリーカレボー社の高級ベルギーチョコレート使用)

Juwel Yucco(デザイナーズブランドInoとのコラボジュエリー)

を展開し、

KOI(ラスベガス・コンシューマー・エレクトロニクス・ショーでイノベーション・アワード受賞の高性能オーディオメーカー)

のイメージキャラクターを務めさせる等、

戦略的な総合プロデュースを行い、音楽界、ファッション界、タレントへと進出させた。

 結果大西由希子はメディアの注目を得て、アメブロのアクセスは1日40万アクセスに達し、ジャンルや年代を越えた多くのファンを集める。

 そして世界的ジャズサックス奏者のエリック・マリエンサル(グラミー賞2度受賞)への架け橋を作る。

 こういった様々な戦略的活動を経て、ジャズ界から新しいムーブメントを起こし異例の速さでJazzPage人気投票サックス部門第一位(2013年)へと導き、ジャンルの垣根を超えて音楽・ファッション・アイドル等、才色兼備なキャラクターを持つアーティストとして育て、世界への道を開いた。

(大西由希子のプロデュースは2015年より株式会社ゼロクリエイトへ移行し、移行後ユッコ・ミラーに改名)

関連項目[編集]