中田清兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中田 清兵衛(なかた せいべえ、嘉永4年11月20日1851年12月12日[1] - 大正5年(1916年11月12日[2])は、明治から大正時代の日本の実業家政治家

経歴[編集]

中田宗右衛門の長男として、越中国富山県)の代々薬種商を営む家に生まれ[3]、中田蘭甫の養子となる[4]

明治12年(1879年)、第百二十三国立銀行取締役、その後、第十二銀行頭取に就任[5]。金沢貯蓄銀行、北陸商業銀行を設立し、北陸商業銀行や富山電燈の重役、富山市議、富山売薬同業組合長などを歴任した[6]

明治37年(1904年)9月からは、貴族院多額納税者議員を務め[2][3]、明治39年(1906年)9月12日に辞職した[7]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』212頁。
  3. ^ a b 『講談社日本人名大辞典』1366頁、時事新報「時事新報社第三回調査全国五拾万円以上資産家」
  4. ^ a b 人事興信所編『人事興信録』第4版、1915年、な28頁。
  5. ^ 『講談社日本人名大辞典』1366頁、『コンサイス人名辞典』899-900頁
  6. ^ 『講談社日本人名大辞典』1366頁、『コンサイス人名辞典』900頁
  7. ^ 『官報』第6964号、明治39年9月13日。
  8. ^ 人事興信所編『人事興信録』第10版 下、1934年、ナ54頁。

参考文献[編集]

  • 上田正昭ほか監修『日本人名大辞典』(講談社、2001年)
  • 三省堂編修所編『コンサイス日本人名事典』(三省堂,1991)
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。

関連項目[編集]