中村道太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豊橋公園内にある中村道太碑

中村 道太(なかむら みちた、天保7年3月10日1836年4月25日) - 大正10年(1921年1月3日)は、幕臣明治大正期の実業家、教育者。

弟に実業家(花火師)の平山甚太、作家獅子文六は甚太の孫[1]

人物[編集]

三河吉田藩士の出身。大政奉還後、藩命により江戸詰めを命じられて穂積清軒に従事し、行動を共にする。やがて江戸屋敷の上屋敷に移り、公用人に挙げられた。江戸奉公で上府し幕臣となる。ここで勝海舟外国方翻訳局の福澤諭吉を知り、築地鉄砲洲の慶應義塾に学ぶ。戊辰戦争で藩の大参事となり、豊橋好問社を創立し、女子教育を始める。明治維新後、家禄を失った武士を集めて中村屋を創業する。横浜で貿易などに挑戦する。福澤諭吉の門下の丸屋商社(丸善)の早矢仕有的と懇意になり、それが縁で横浜正金銀行初代頭取に就任する。西南戦争の後、愛知県渥美郡長となり、第八国立銀行を創立する。東京米商会所の頭取となるが、薩長閥の官僚によって終生その商才を妨害されることになった。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 牧村健一郎『獅子文六の二つの昭和』(朝日新書)P.24


先代:
(初代)
横浜正金銀行頭取
初代:1879年 - 1882年
次代:
小野光景