小野光景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野 光景(おの みつかげ、弘化2年3月15日1845年4月21日) - 大正8年(1919年9月18日)は、近代日本実業家政治家。幼名、彦太郎。

経歴[編集]

旧横浜正金銀行本店(現神奈川県立歴史博物館

信濃国伊那郡小野村天領、現長野県上伊那郡辰野町)の名家、小野兵右衛門光賢の子として生まれ、高遠藩藩校進徳館で学ぶ。明治15年(1882年)、横浜商業高校の前身にあたる横浜商法学校を創立。翌16年(1883年)、絹糸輸出商社の小野商店を創業。その後横浜正金銀行東京銀行の前身)頭取、横浜商工会議所会頭、貴族院議員などを歴任。郷里の小野で小野駅の開設や、私財を投じての学校図書館病院等の建設に貢献した。

参考資料[編集]

  • 「横浜正金銀行のあゆみ」神奈川県立博物館
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。

関連項目[編集]


先代:
中村道太
横浜正金銀行頭取
第2代:1882年 - 1883年
次代:
白洲退蔵