中村宗弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 宗弘(なかむら むねひろ、1950年 - )は、 神奈川県逗子市生まれの日本画家[1]慶應義塾大学文学部東洋史学科卒業[1]

経歴・人物[編集]

美術評論家・中村渓男の子。文化勲章を受章した日本画家である祖父・中村岳陵に絵を習い、のちに東山魁夷に師事した。1968年春の日春展に初入選、秋の日展で特選となった。その後も日展を中心に活躍し、現在は日展会友[1]

四季の風景をモチーフとした日本画を得意とする[1]。日本の四季、自然に焦点を当て、主に京都信州八ヶ岳上高地といった地域を取材[1]2015年日蓮とのゆかりがある大田区池上本行寺で客殿が新築され、描き下ろした壁画「清宵(せい・しょう)」を奉納した。作品は高さ2・1メートル、幅5・8メートルで、約5カ月を費やして完成させた[1]朝日新聞2015年12月8日記事より[1]

煎茶愛好家としても知られる[2]

主な受賞歴[編集]

  • 第3回日春展 日春賞(1968年)
  • 第11回日展(いわゆる「新日展」) 特選・白寿賞(1968年)[3]
  • 第4回日春展 奨励賞(1969年)
  • 第1回日展(いわゆる「改組日展」) 外務省買上げ(1969年)
  • 第6回日春展 日春賞(1971年)

作品収蔵先[編集]

画集ほか[編集]

  • 『四季讃歌 中村宗弘展』2008年7月、高島屋美術部

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 取り扱い作家 日本画 中村 宗弘”. 表玄. 2011年7月7日閲覧。
  2. ^ 「佃一輝の和楽的文人になる-品茶会に遊ぶ」『和楽』、小学館、2004年2月、 188頁。
  3. ^ 日展について 資料集 特選(日本画)受賞者一覧(昭和33年~現在)”. 日展. 2011年7月7日閲覧。

参考文献ほか[編集]

  • 「中村宗弘」『日本画・その明日への展望展』美術出版社、1984年、164頁。
  • 「中村宗弘」『美術年鑑』美術年鑑社、2010年、122頁。
  • 「中村宗弘」『日本画年鑑』マリア書房、2011年、204頁。