中島鉄平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中島鉄平

中島 鉄平(なかじま てっぺい、1884年1月1日 - 1936年11月1日)は、熊本県上益城郡大山町出身の大正・昭和期の大蔵官僚

旧制熊本中学(現熊本県立熊本高等学校)卒業。旧制第五高等学校卒業。東京帝国大学法学部卒業。

1909年大蔵省に入り、地方部局を経て、1920年主税局に転じ、長年にわたり関税課長として関税行政事務を率いた。その間、三度海外に赴いた。 1927年大阪税関長、1929年横浜税関長、1931年大蔵省主税局長、1934年専売局長官を歴任。 1936年病のために辞し、静養に努めるも世田谷区玉川奥澤町にて逝去。享年53。