中山義崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中山 義崇(なかやま よしたか、1924年4月10日 - 2003年11月24日)は、日本の教育者崇城大学学長、君が淵学園理事長

概歴[編集]

熊本県下益城郡小川町に生まれる。1945年(昭和20年)、官立熊本工業専門学校教員養成電気工学科(現・熊本大学)を卒業する。1949年(昭和24年)、私塾君が淵電波塾を創立。1961年(昭和36年)、学校法人君が淵学園を設立し理事長に。同年君が淵電波工業高等学校を開校し、初代校長に就任する。以降同校を発展させ、1967年(昭和42年)、熊本工業大学を設立、学長に就任する。1978年(昭和53年)、文徳学園理事長を兼任[1]

1988年(昭和63年)、日本私立大学協会理事となり、常務理事、九州支部長を経て、1995年(平成7年)から日本私立大学協会副会長。2000年(平成12年)、熊本工業大学を崇城大学に改称する。2003年(平成15年)、熊本市の病院で死去。79歳。米国国際大学工学博士。主な著書に基礎電子管、テレビジョン学交流理論などがある[2]1992年(平成4年)の第16回参議院議員通常選挙熊本県選挙区から無所属で立候補したが落選した。


出典[編集]

  1. ^ 小川町史編纂委員会編纂『小川町史』小川町役場(熊本県)、1979年
  2. ^ 日外アソシエーツ『熊本県人物・人材情報リスト2007』

参考文献[編集]

関連事項[編集]