中央アラスカ・ユピック語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中央アラスカ・ユピック語
話される国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
地域 アラスカ州西部または南西部
民族 中央アラスカ・ユピック英語版
話者数 10,000人(2007年)
言語系統
エスキモー・アレウト語族
方言
Yup’ik (Yukon-Kuskokwim)
Cup’ik (Chevak)
Cup’ig (Nunivak)
表記体系 ラテン文字、以前はユグトゥン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 esu
Glottolog cent2127[1]
 
テンプレートを表示

中央アラスカ・ユピック語(中央アラスカ・ユピックご、: Central Alaskan Yup'ik)はユピック語のひとつである。話者はアラスカ州西部または南西部に居住する中央アラスカ・ユピック英語版の人々である。

言語名別称[編集]

  • Central Alaskan Yupik
  • Central Yup'ik
  • Yupik, Central
  • Yupik
  • Yup'ik
  • 中央ユピック語
  • ユピック語

方言[編集]

エスノローグによる分類[編集]

  • Cup’ik
  • Kuskokwim Yupik (Bethel Yupik)

MultiTreeによる分類[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Central Yupik”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/cent2127. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]