シベリア・ユピック語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シベリア・ユピック語
Siberian Yupik / Yuit
Юпик
話される国 アメリカ合衆国, ロシア連邦
地域 ベーリング海峡地域
民族 シベリア・ユピック
話者数 1010 (2006-2010)[1]
言語系統
エスキモー・アレウト語族
表記体系 ラテン文字, キリル文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 ess
テンプレートを表示

シベリア・ユピック語(Siberian Yupik language)はエスキモー・アレウト語族ユピック諸語に属す言語である。ロシアシベリア東端部のチュコート半島よびアラスカセントローレンス島シベリア・ユピックによって話される。他のシベリアのユピック語と区別するため中央シベリアユピック語(Central Siberian Yupik)ともいう。

アラスカでは1100人のシベリア・ユピックのうち約1050人が、ロシアでは1200~1500人のシベリア・ユピックのうち約300人が話し、話者数は計約1350人である。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.census.gov/hhes/socdemo/language/data/acs/SupplementaryTable1_ACSBR10-10.xls