アリュティーク語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Alutiiq
Pacific Gulf Yupik
Sugt’stun, Alutiit’stun
話される国 アメリカ合衆国
地域 アラスカ州沿岸地域 (アラスカ半島からプリンス・ウィリアム湾)
民族 アリュティーク人英語版
話者数 200人(2010年)[1]
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語 アラスカ州の旗 アラスカ州[2]
統制機関 統制なし
言語コード
ISO 639-3 ems
Glottolog paci1278[3]
テンプレートを表示

アリュティーク語(アリュティークご、Alutiiq language)は、アラスカ西部と南西部で話されているユピック語の一つ。中央アラスカ・ユピック語とは別の言語と見なされている。

以下の2つの主要な方言がある;

4,000人以上[4]いるアリュティーク人英語版のうちアリュティーク語を話すのは200人しかいない。しかし現在、アリュティーク人のコミュニティではアリュティーク語を再び使用する運動がある。2010年、コディアックの高校では、生徒からの要請に応え、アリュティーク語を教えることとなった。コディアック方言の話者は約50人しかおらず、全員が高齢者であり、方言が完全に失われる危険があった[5]

脚注[編集]

  1. ^ Alutiiq at Ethnologue (19th ed., 2016)
  2. ^ Alaska OKs Bill Making Native Languages Official”. NPR.org. 2021年5月閲覧。
  3. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Pacific Gulf Yupik”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/paci1278 
  4. ^ "Alutiiq / Suqpiaq Nation", Alutiiq Museum
  5. ^ Kodiak High School Adding Alutiiq Language Class Jacob Resnick KMXT/Alaska Public Radio Network 12-17-2010