中内啓光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中内 啓光(なかうち ひろみつ、1952年 - )は、日本の医学者スタンフォード大学医学部教授東京大学医科学研究所特任教授。再生医療のトップランナーとして知られる[1]移植治療を目的とした、動物の体内におけるヒトの臓器の作製を目指している[2]

略歴[編集]

受賞[編集]

  • 2004年 - ベルツ賞[3]

著書[編集]

  • 『再生医療へ進む最先端の幹細胞研究─注目のiPS・ES・間葉系幹細胞などの分化・誘導の基礎と, 各種疾患への臨床応用 』山中伸弥との共編 羊土社 2008 ISBN 978-4758102896
  • 『現代生物科学入門 第7巻 再生医療生物学』 阿形清和, 岡野栄之, 大和雅之との共著 岩波書店 2009 ISBN 978-4000069670
  • 『幹細胞』<再生医療叢書> 日本再生医療学会(監修), 山中伸弥・中内啓光(編集) 朝倉書店 2012 ISBN 978-4254360714

脚注[編集]

  1. ^ “東大・中内教授:iPS有力研究者が米国流出”. 毎日jp. (2013年9月5日). オリジナル2013年9月4日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20130904233300/http://mainichi.jp/select/news/20130905k0000m040161000c.html 2017年8月8日閲覧。 
  2. ^ “動物の体内でヒト臓器 東大・中内教授「まずは膵島」”. 朝日新聞. (2013年7月11日). オリジナル2013年9月4日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20130904233239/http://www.asahi.com/tech_science/articles/TKY201307100441.html 2017年8月8日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j 領域アドバイザー紹介中内啓光”. 科学技術振興機構. 2017年8月8日閲覧。
  4. ^ 博士論文書誌データベース

関連項目[編集]

  • メガカリオン - 中内らの開発したiPS細胞から血小板を作成する技術の実用化に取り組んでいるベンチャー。

外部リンク[編集]