世界人口デー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
人口の区分図。色が濃いほど人口が多い。

世界人口デー(せかいじんこうデー、: World Population Day)は、毎年7月11日にある国際記念日で、世界の人口問題家族計画への意識を高める日である。国際連合開発計画の「Governing Council」が1989年に定めた。

1987年の7月11日に世界人口がおよそ50億人を超えたとされ[注 1]、多くの関心を集めたことから制定された。

なお、20年後の2007年7月12日の時点で、世界人口はおよそ67億2755万1263人だと見積もられた。また、国連経済社会局(UNDESA)人口部が2022年7月11日に発表した「世界人口推計2022年版」によると、同年11月15日に世界人口が80億人に到達すると予測されている[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は国連人口部の統計により1987年7月11日に世界人口が50億人に到達したと発表されていたが、その後の改訂で1986年に到達と修正された[1]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]