与那覇勢頭豊見親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

与那覇勢頭 豊見親(よなはせど とぅゆみゃ、生没年不詳)は、14世紀末から15世紀に、宮古島平良を拠点としていた豪族である。童名は真佐久(まさく)、は恵源。白川姓の祖で、支族に上地氏があり、俳優上地雄輔はその末裔である[1]。 直系22代目は泰川恵吾。 功績は、沖縄本島と先島諸島を結ぶ朝貢関係を作ったこと。与那覇勢頭豊見親が構築した関係により先島地方は、後世琉球王国領となり、現在の日本国領となるきっかけを作った。

名前について[編集]

「与那覇」のヨナの音は海を意味し、「勢頭」は船頭・船長を指す言葉である。名前に含まれた各語の意味から人物を推察すると、海上での大きな権能を得た首長だったことが伺われる。

概要[編集]

1390年、宮古島の首長として中山王察度のもとに初めて朝貢した。泊の地に滞在して琉球語を習得し、王から宮古島の首長として任ぜられ帰島した。八重山列島にも琉球へ朝貢するよう促した[2]

球陽』によれば、1388年に中山国に至るも、同国の言葉を解さなかったため、足掛け3年間言葉を学んだ後、中山王察度に朝貢したとされる。

18世紀に書かれた『宮古島記事仕次』には、与那覇勢頭豊見親に関して以下の伝説が記されている。

真佐久の伯父は佐多大人(さーたーうぷんど)と言う。佐多大人は3千人の兵を持ち、宮古島内を軍事で制覇しようとしたが、平良の根間・外間に居を構える目黒盛豊見親に戦で敗北し、逃げ落ちた先の下地字与那覇で死んだとされる。

息子がなかった佐多大人の後継者に選ばれた真佐久は、一族の再興と、平和に島を治める方法を得るため、宮古島の東側にある白川浜から旅立ち、中山国に至った[3]

伝承[編集]

一方で、多良間島に残されていた「与那覇勢頭豊見親のニーリ」という神歌では、「宮古の島立ての頃、優れた人がいないので、統治する人がいないので、それでは私が出てみようと、それでは私が統治しようと、出世して島を治め、名高い豊見親といわれていたが、ねたむ者が多く、にくむ者がたくさん出て、ねたむ者にねたまれ、にくむ者ににくまれ、後生に落ちてしまった、死後の世界に落とされてしまった、-中略- まだ二十才の頃に、まだ希望にもえる頃に  -中略- にいら天太のお情けで、豊見親は綱をたどり宮古島に帰った」と歌われている。ニーリは、その後与那覇勢頭豊見親が立派な統治者になったと歌っている。

ほとんどの伝承も同様で、真佐久が白川浜を出発するのは瀕死の重傷から奇跡的に回復した後としている。そのためか、後世に編纂された資料では、これを佐多大人と目黒盛豊見親が戦った「与那覇原いうさ」(1400〜1408年頃)による受傷とするものが多い。

しかし、ニーリに歌われた受傷の原因は「ねたみ」や「憎しみ」によるものであり、様々な史料が与那覇勢頭豊見親の中山朝貢を1390年と記載していることからも、時代の整合性がとれない。時代の近い史料に、佐多大人と与那覇勢頭豊見親の関係を記したものは無い。

このため、最近の文献研究では、宮古島主長与那覇勢頭豊見親は佐多大人率いる与那覇原軍に殺害され、まだ幼い孫の大立大殿を目黒盛に託したのではないかという説が有力である。[4]

与那覇勢頭豊見親が白川浜から出発したことにちなみ、真佐久の一門は、後に白川氏を名乗るようになった。白川氏は、先島と沖縄本島を結びつけた功績から、琉球王国時代には一門から島の頭職が多く輩出している。与那覇勢頭豊見親の子は泰川大殿(白川氏2世)、孫は仲宗根豊見親を育てた大立大殿(白川氏3世)である。

白川氏家譜正統の序文に、与那覇勢頭豊見親の中山朝貢への想いが記されている。

「本島麻姑山(宮古島)は、遥かに中山を離れてびょうとして海外に在り、民俗常に暴戻に馳せ、強は弱をしのぎ、弱は強にてらいて、仁義忠孝の道を知らず。豊見親はこの俗習をあらんために大国たる中山に通じて平和を致さんとす」

脚注[編集]

  1. ^ "上地雄輔 〜柔と剛 2人の祖父の壮絶人生〜". ファミリーヒストリー. NHK総合. 2013年11月8日放送.
  2. ^ 「宮古風土記 上巻」p19-20 仲宗根 将二 ひるぎ社、1997年10月15日
  3. ^ 「宮古風土記 上巻」p19-20 仲宗根 将二 ひるぎ社、1997年10月15日
  4. ^ 「宮古島総合博物館紀要 第12号」p11-26 下地 和宏、2008年3月

文献[編集]

  • 沖縄大百科事典 1983年 沖縄タイムス社
  • 白川氏家譜正統 1754年

関連項目[編集]