下津俸庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
下津俸庵
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 元亀元年(1570年
死没 寛永8年5月19日1631年6月18日
別名 久我祖秀、下津宗秀、通称:将監、棒庵
主君 加藤清正
氏族 久我家下津氏
父母 父:久我通堅
兄弟 久我敦通一尾三休俸庵
久我俊子六条有広室→新大納言局)
宗正亀谷通尹東久世通廉?
テンプレートを表示

下津 俸庵(しもづ ぼうあん)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武士加藤清正の家臣。

略歴[編集]

元亀元年(1570年)、公卿久我通堅の三男として誕生。

もともとは鹿苑寺の住職であった。しかし、武芸を好み還俗し、下津俸庵と称した。肥後国熊本城主・加藤清正に仕え、3,000石を与えられた。

寛永8年(1631年)5月19日、死去。享年62。

長男・宗正は加藤家の改易により、細川氏に仕えることになった。次男・亀谷通尹は朝廷に出仕した。三男・東久世通廉(異説もある)も朝廷に出仕した。