上野焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
徳利

上野焼(あがのやき)は福岡県田川郡香春町福智町大任町で焼かれる陶器

豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)の引き上げの際、加藤清正が連れ帰った尊楷(上野喜蔵)が、細川忠興小倉城入城の際に招かれ、豊前国上野に開窯したのが始まりである[1]。最初の窯は皿山窯(本窯)、釜の口窯、岩谷窯(唐人窯)の3つで、これらは上野古窯と呼ばれる[2]。江戸時代に入ると、小堀遠州に高く評価され、遠州七窯の一つにも数えられるほど茶人に好まれた[1]。明治期には衰退の様相を見せたが[3]、1902年に復興、1983年には通産省(現在の経産省)指定伝統的工芸品の指定を受けた[4]

上野焼の特徴は他の陶器と比べると生地が薄く、軽量であることである。また使用する釉薬も非常に種類が多く、青緑釉、鉄釉、白褐釉、黄褐釉など様々な釉薬を用い、窯変(窯の中で釉薬が溶け、千変万化の模様を作り出すこと)を生み出すのが特徴で、絵付けは基本的に用いない[5]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 山本久義「地域社会活性化と地場産業の役割 : 上野焼の振興戦略事例を中心に」『島根大学論集教育科学』第1号、九州産業大学商学会、2001年9月、 1-18頁。
  2. ^ 梅沢彦太郎『上野古窯調査報告書』日本陶磁協会、1955年、25p
  3. ^ 「高取焼と上野焼」『地学雑誌』第6巻第7号、東京地学協会、1894年、 413-414頁、 doi:10.5026/jgeography.6.413a
  4. ^ 上野焼の歴史”. 上野焼協同組合. 2016年11月26日閲覧。
  5. ^ 上野焼の特徴”. 上野焼協同組合. 2016年11月26日閲覧。

外部リンク[編集]