上野城 (尾張国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
logo
上野城
愛知県
永弘院にある石碑
永弘院にある石碑
城郭構造 平山城
築城主 下方貞清
築城年 天文元年(1532年)頃
遺構 石碑

上野城(うえのじょう)は現在の愛知県名古屋市に存在した日本の城平山城)である。

概要[ソースを編集]

東西約120メートル、南北約214メートルの規模の長方形をしており、眺望の良い崖の上に建てられ、二重の堀を巡らせていた[1]

歴史[ソースを編集]

天文元年(1532年)頃に下方貞経の息子で、小豆坂の戦いにおいて小豆坂七本槍の一人として活躍した下方貞清が築城した[1]。廃城年代も明らかではなく、現在は貞清の菩提寺である永弘院に石碑があるだけで遺構は何も残っていない[1]

所在地[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c 『日本城郭体系』9、新人物往来社、1979年、286 - 287頁。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]