上山市郎兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上山 市郎兵衛(うえやま いちろうべえ、1890年明治23年)11月13日 - 没年不明)は、日本の実業家農業[1][2]。元内外除虫菊会長[3]。上山殖産代表取締役[4]。和歌山県多額納税者[1]。前名は市三郎[1]大日本除虫菊の創業者上山英一郎は養叔母ゆきの夫。

経歴[編集]

和歌山県有田郡保田村出身。先代市郎兵衛の長男[1]。上山家は古くより保田村に土着する地主である[4]1922年家督を相続し、前名市三郎を改め襲名する[1]。祖業を継ぎ農業を営み、傍ら上山殖産会社を創立する[1][4]。上山殖産社長、南海水力電気社長、関西配電理事、南海工業会長、内外除虫菊会長を務めた[3]

人物[編集]

趣味は書画骨董[1]。宗教は浄土宗[1]。人となりは、朗らかな明るい紳士である[5]。先代市郎兵衛より、父子共に社会公共に尽した[5]貴族院多額納税者議員選挙の互選資格を有した[2]

家族・親族[編集]

上山家

和歌山県有田郡有田町山田原[3]

  • 父・市郎兵衛[1]
市郎兵衛は南海水力電気を起こした[5]
  • 母・のぶ(宮本八郎右衛門の三女)[1]
  • うた(和歌山県、上山静治の母)[1]
  • シゲ(和歌山県、山口孫七に嫁す)[1]
  • 弟・(内外除虫菊社長)[1]
1893年 -
  • 同妻・秋子(和歌山県、石橋八九郎の五女)[1]
  • 同長男・一也(清滝幸次郎の長女の婿)[3]
  • 同二男[3]
  • 同三男[3]
  • 同四男[3]
  • 同三女(川勝泰司に嫁す)[3]
  • 養叔母・ゆき(和歌山県、上山英一郎に嫁す)[1]
  • 妻・ユキ(和歌山県、石橋八九郎の妹)[1]
1895年 -
  • 子(男、女)[1]
親戚

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『人事興信録 第13版 上』う33頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月6日閲覧。
  2. ^ a b 『貴族院多額納税者名鑑』500頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 『大衆人事録 第二十三版 西日本編』う167頁。
  4. ^ a b c 『人事興信録 第9版』ウ35-36頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月6日閲覧。
  5. ^ a b c 『昭和に輝く』108-109頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 織田正誠編『貴族院多額納税者名鑑』太洋堂出版部、1926年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 原静村『昭和に輝く』南海新聞社、1935年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 広瀬弘『大衆人事録 第二十三版 西日本編』帝国秘密探偵社、1963年。