三略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三略』(さんりゃく)は、中国兵法書。「武経七書」のひとつ。『黄石公記』『黄石公三略』とも称される。

上略、中略、下略の3つで構成され、そのため「三略」という。太公望が書き、神仙黄石公が選録したとされる。しかし内容には、の頃は戦車戦であるのに、まだ存在しない筈の騎馬戦の言及があったり、同様に使用されない「将軍」という言葉も用いられているため、後世の人物が太公望や黄石公に仮託して書いた偽書であるとも考えられている。

牽強付会の由来とその内容とは別物であり、古来から価値の有るものと見なされ、数多の兵書の中から選び抜かれて、神宗によって「武経七書」に加えられている。書き手が同じ太公望と言うことで、通常、『六韜』と併称される。

なお、日本の戦国武将北条早雲は、「夫れ主将の法は、務めて英雄の心を攬り、有功を賞禄し、志を衆に通ず」という最初の一節を聞いただけで、兵法の極意を悟ったと伝えられる。

成句「柔能く剛を制す」の出典である。

本の構成[編集]

  • 上略 - 人材を招く必要性や政治の要点などの記述。
  • 中略 - 策略の必要性や組織の統制術についての記述。
  • 下略 - 治国の要点や臣下の使い方などの記述。

参考文献[編集]

注釈書 

外部リンク[編集]