三津野アキラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三津野アキラ / 葛飾ロビンソン
葛飾ロビンソン.jpg
葛飾ロビンソン
生誕1959年10月5日 -
東京都品川区
職業画家、版画家、アーティスト、イラストレーター、写真家、詩人

三津野 アキラ(みつの アキラ、1959年10月5日 - )は、東京生誕の日本の画家、版画家、アーティストである。現在は主に葛飾ロビンソンの名前でアーティスト、イラストレーター、写真家として活動している。

人物[編集]

祖母は旧華族。母は銀行員。

東京生まれだが、育ったのは主に鳥取県[1]

森繁久彌芦田伸介と交流のあった元軍人である祖父の影響で、幼少から書道、剣道を学び、芸能界にも興味を抱く。書道は小学生時代から秀でていた。国鉄職員で音楽、楽器を親しんでいた父の影響で音楽活動を開始。小学生時代から洋楽に興味を持ちクラシックギター、アコースティックギターを始める。中学生時代にはクラシックギターで市文化・音楽祭に出場した。

1982年にはヤマハ音楽振興会主催の第28回ヤマハポピュラーソングコンテスト通称ポプコンに出場。楽曲『風の中のseptember』の作詞をする。

個展[編集]

  • 1995年4月『陰陽展』 鳥取・米子市 百花堂ギャラリー
  • 1995年10月『一夢風流』 鳥取・米子市 東倉吉商店街文化
  • 1995年12月『純情地獄』 鳥取・米子市 ぼすけギャラリー
  • 1996年1月『zipangu』鳥取・米子市 ぼすけギャラリー
  • 1996年2月『春にて候』鳥取・鳥取市 アンデルセン
  • 1996年4月『動物滑稽戯画』鳥取・米子市 ギャラリージャン
  • 1996年5月『喜楽三昧』鳥取・米子市 ぼすけギャラリー
  • 1996年7月『太陽と月の子供たちへ』 鳥取・琴浦町 ギャラリー海
  • 1996年7月『銀河鉄道の夏/銀の星』鳥取・佐治町 かみんぐさじ
  • 1996年7月『銀河鉄道の夏/銀の夜景』鳥取・米子市 ぼすけギャラリー
  • 1996年8月『銀河鉄道の夏/銀の山』 島根・大田市 石見銀山BURA HOUSE
  • 1996年11月『錦紗の玩具』 鳥取・三朝町 陣所の館
  • 1996年12月『春の金爛冬の銀爛』鳥取・米子市 ギャラリージャン

書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]