三宅豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三宅 豊(みやけ・ゆたか 1951年11月25日 - )は、群馬県安中市出身のソフトボール選手。日本選手権・国体等で22回の優勝を果たす。アジア選手権2回、世界選手権4回出場。現在、日本ソフトボール協会選手強化副本部長・技術委員長、群馬県ソフトボール協会副会長をつとめる。日本にウィンドミル投法を初めて導入し、トッププレーヤーとして活躍した。群馬県新島学園高等学校日本体育大学卒業。

略歴[編集]

  • 1967年、新島学園高等学校入学後に岡賢の指導を受け、ソフトボールを開始
  • 1969年、全国高校選手権で優勝
  • 1971年、日本体育大学在学時のインカレで優勝(73年まで3連覇)
  • 1974年、日体大卒業後新島学園高校教員
  • 1977年、国体で優勝(79年まで3連覇)
  • 1980年、全日本教員大会V10を達成
  • 1985年、アジア選手権で優勝
  • 1993年、現役引退。通算171勝26敗、終身防御率は0.463

トピックス[編集]

  • 山際淳司の小説『回れ、風車』のモデルになった
  • ソフトボールのオリンピック除外問題では復帰に向けて奔走した。

関連項目[編集]