三好俊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みよし としお
三好 俊夫
生誕 1921年10月22日
愛媛県松山市
死没 (2000-06-29) 2000年6月29日(78歳没)
死因 肺炎
国籍 日本の旗 日本
出身校 神戸経済大学経済学部
職業 実業家
活動期間 1950 - 2000
肩書き 松下電工代表取締役社長
任期 1988 - 1994
前任者 藤井貞夫
後任者 今井清輔
取締役会 松下電器産業

三好 俊夫(みよし としお、1921年10月22日 - 2000年6月29日)は松下電工代表取締役名誉会長日経連副会長日中経済貿易センター会長愛媛県松山市出身。

経歴[編集]

1946年神戸経済大学経済学部を卒業と同時に松山経専教授となる。1950年に松下電工に入社。1977年取締役に就任。その後、1981年常務取締役1982年専務取締役1987年2月に代表取締役副社長を経て、1988年2月に代表取締役社長に就任。グローバル経営を推進し、丹羽正治に次いで同社を1兆円企業に育て上げた。その後、1993年関西経営者協会会長を6年間務め、1994年2月に代表取締役会長に退く、1997年4月28日に亡くなった藤井貞夫相談役の葬儀・告別式の委員長を務めた[1]

2000年に代表取締役名誉会長に退いたのち、同年6月29日に肺炎の為、帰らぬ人となった。

受賞歴[編集]

参考文献・出典[編集]

脚注[編集]