三匹荒野を行く

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三匹荒野を行く』(原題:The Incredible Journey)とは、カナダの作家シーラ・バーンフォードスコットランド生まれ)が1961年イギリスで出版した児童書、およびそれを原作としたウォルト・ディズニー製作(1963年)の実写によるアメリカ映画である。主人公は2匹と1匹であり、彼らは固い絆で結ばれており、協力して飼主であるハンター家の子供のピーターとエリザベスの元に戻るまでの冒険を物語である。

物語の概要[編集]

舞台はカナダのオンタリオ州の大自然である。若くて勇敢なラブラドールのルーア、勇敢で忍耐強いが、年老いて左目が見えなくなった11歳のブルテリア犬のボジャー、そしてサファイア色の目とチョコレート色の前足を持つシャム猫のテーオの3匹の冒険談である。飼い主のジム・ハンター教授は大学の講義のために一家4人でイングランドに出かけたため、3匹を自宅から300キロも離れたジョン・ロングリッジの家に預けていた。

しかしジョンが、3週間の鴨狩りの旅行に出かけることになり、留守にしてしまった。その間に残された3匹は寂しさに耐え切れず、元の主人であるハンター家に戻る旅に出てしまう。固い絆で結ばれた3匹が、大自然の中を長くて厳しい冒険を続ける事になる。時には熊と戦ったり、時には猟銃に追われるなどの困難に遭遇した。途中で激流にのまれテーオと離れ離れになったが、やがて合流し、最終的にはハンター家の息子ピーターの誕生日に3匹は一家のもとに戻ることで物語が完結した。

翻訳[編集]

『三びき荒野を行く』 山本まつよ訳 あかね書房 国際児童文学全集10 1965年

備考[編集]

  • 1993年に、この作品が奇跡の旅(原題:"Homeward Bound: The Incredible Journey")のタイトルでリメイクされている。
  • 映画編の3匹は人間の言葉の台詞を一切しゃべらず、ナレーターが状況を説明するスタイルであったが、リメイクではハリウッドスターが声優をつとめていた。