三一節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三一節
各種表記
ハングル 3·1절
漢字 三一節
発音 サミルチョル
日本語読み: さんいちせつ
ローマ字 Samiljol

三一節(さんいちせつ、サミルチョル)は、韓国祝日である。毎年3月1日

1919年3月1日の三・一独立運動を記念する日である。1946年3月1日の第27回記念式の際に国家慶祝日に指定された。1949年10月1日に公布された「国家慶祝日に関する法律」で祝日に指定された。2005年12月29日の「国家慶祝日に関する法律」で改定されて今に至る。

この日には政府が記念行事を主催し、殉国の士に対する追慕と哀悼の黙念を捧げて、民族精神を振り返る。

三一節の歌[編集]

ハングル(漢字)
기미년(己未年) 삼월(三月) 일일(一日) 정오(正午)
터지자 밀물 같은 대한(大韓) 독립(獨立) 만세(萬歲)
태극기(太極旗) 곳곳마다 삼천만(三千萬)이 하나로
이 날은 우리의 의(義)요, 생명(生命)이요 교훈(敎訓)이다
한강(漢江)물 다시 흐르고 백두산(白頭山) 높았다
선열(先烈) 하 이 나라를 보소서
동포(同胞)야 이 날을 길이 빛내자


和訳
1919年3月1日の正午
起きろう 上げ潮の様な大韓独立万歳
太極旗は国中で三千万がひとつになり
この日は我が義よ、命よ、教訓である
漢江の水はまた流れ、白頭山は高かった
烈士よ、この国を御覧なさい
同胞よ、この日を永く輝かそう

대한독립 만세! の独立万歳!

평화통일 만세! 平和統一万歳!

대한민국 만세! 大韓民国万歳!

대한독립 만세! の独立万歳!

평화통일 만세! 平和統一万歳!

대한민국 만세! 大韓民国万歳!