制憲節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
制憲節の日のソウル市の様子

制憲節(せいけんせつ、ジェホンジョル, 제헌절)は、大韓民国の国慶日のひとつ。毎年7月17日大韓民国憲法が公布された日。

概要[編集]

1948年5月10日の選挙で制憲国会が構成され、7月12日に憲法を制定し、7月17日に公布した。7月17日という日は、朝鮮の太祖李成桂が朝鮮を建国したことが由来となっている。以後、国慶日に関する法律で国慶日に、官公署の公休日に関する規定で公休日に定めたが、2008年から公休日から外され、休日ではなくなった。これは週休二日制の浸透に伴う休日の数の調整とされるが、2006年に植木日が公休日から外された事もあって、韓国国内では反発が大きい。