七会村 (茨城県西茨城郡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ななかいむら
七会村
七会村旗
七会村章
七会村旗 七会村章
廃止日 2005年2月1日
廃止理由 新設合併
七会村常北町桂村城里町
現在の自治体 城里町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
西茨城郡
市町村コード 08323-2
面積 63.04km2
総人口 2,384
推計人口、2005年1月1日)
隣接自治体 茨城県笠間市常陸大宮市常北町桂村
栃木県茂木町
村の木 ヒノキ
村の花 ヤマザクラ
村の鳥 キジ
七会村役場
所在地 311-4407
茨城県西茨城郡七会村大字徳蔵637
座標 北緯36度27分20秒 東経140度15分21秒 / 北緯36.45556度 東経140.25592度 / 36.45556; 140.25592 (七会村)座標: 北緯36度27分20秒 東経140度15分21秒 / 北緯36.45556度 東経140.25592度 / 36.45556; 140.25592 (七会村)
七会村の県内位置図
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

七会村(ななかいむら)は、茨城県西茨城郡にあったである。

2005年2月1日東茨城郡常北町桂村と合併し、東茨城郡城里町となった。これに伴い、県内で村のまま明治の町村制から平成まで続いた村がなくなった。合併するまで、長い間県内で人口最少の村だった。

地理[編集]

  • 山:鶏足山、花香月山、高取山、八瓶山、高田山
  • 河川:藤井川、塩子川、涸沼川、相川

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、徳蔵村,塩子村、小勝村、大網村、真端村、上赤沢村、下赤沢村の七村が合併して西茨城郡七会村が成立。これが七会の名の由来であり、その7つの村を合わせた領域が七会村の領域だった。7ヶ村とも七会村なき今も大字として名を残す[1]
  • 2005年(平成17年)2月1日 - 東茨城郡常北町桂村と合併して東茨城郡城里町が発足。七会村は廃止。これに伴い、県内で明治期の町村制施行で誕生した村が1度も合併をせずに名前を残しているのは五霞町1996年に町制施行)のみとなった。(村のまま平成まで存続した村は七会村のみだった)

変遷表[編集]

七会村村域の変遷表
1868年
以前
明治元年 - 明治22年 明治22年
4月1日
明治22年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在
徳蔵村 七会村 七会村 平成17年2月1日
城里町
城里町
塩子村
小勝村
大網村
真端村
赤沢村 明治元年
上赤沢村
明治元年
下赤沢村

行政[編集]

  • 村長 阿久津藤男(1987年4月30日〜) 現在は元城里町長(2代目)

地域[編集]

教育[編集]

  • 中学校
    • 七会村立七会中学校(現在は城里町立常北中学校に統合されている)-現在は建て替えられ上水戸ホーリーホックの練習拠点である城里町七会町民センターになっている。
  • 小学校
    • 七会村立東小学校 (2005年の七会村の合併に伴い城里町立七会東小学校、2011年に西小と統合、城里町立七会小学校へ、1990年までは塩子小学校)
    • 七会村立西小学校 (2005年の七会村の合併に伴い城里町立七会西小学校、2011年に東小と統合、城里町立七会小学校へ、1990年までは徳蔵小学校)
    • 七会村立小勝小学校(1990年に塩子小と統合、東小へ)
  • 幼稚園
    • 七会村立七会幼稚園 (2005年休園、2011年廃園)

交通[編集]

道路[編集]

名所・旧跡[編集]

  • 徳蔵寺
  • 修多羅寺
  • 仏国時

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 8 茨城県』、角川書店、1983年 ISBN 4040010809より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]