ヴャチェスラフ・チーホノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴャチェスラフ・チーホノフ
Вячеслав Тихонов
Вячеслав Тихонов
本名 Вячеслав Васильевич Тихонов
Vyacheslav Vasilyevich Tikhonov
生年月日 (1928-02-08) 1928年2月8日
没年月日 (2009-12-04) 2009年12月4日(81歳没)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 パヴロフスキー・ポサド
死没地 ロシアの旗 ロシアモスクワ
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 1948年 - 2009年
配偶者 ノンナ・モルジュコーワ(1948年 - 1963年)※離婚
タマラ・イワノヴナ・チーホノワ(1944年 - 2009年)※死別
主な作品
映画
戦争と平和
春の十七の瞬間
太陽に灼かれて

ヴャチェスラフ・ワシーリエヴィッチ・チーホノフ: Вячесла́в Васи́льевич Ти́хонов, : Vyacheslav Vasilyevich Tikhonov, 1928年2月8日-2009年12月4日) は、ソビエト連邦ロシアの俳優である。

来歴[編集]

ヴャチェスラフ・チーホノフは1928年2月8日、現在のモスクワ州パヴロフスキー・ポサドで生まれた。

1945年、全ロシア映画大学に入学。学生時代にで映画『若き親衛隊』(監督、脚本:セルゲイ・ゲラシモフ)で役者としてデビュー。当時に同級生で後に有名な女優になるノンナ・モルジュコーワ英語版と結婚。

1957年、ゴーリキー・フィルム・スタジオ英語版に加入。

1965年-67年、セルゲーイ・ボンダルチューク監督の『戦争と平和』(レフ・トルストイ原作)にアンドレイ役で出演。作品は米国アカデミー賞外国語映画賞など数々の賞を受賞。

1966年昭和41年)6月19日、『戦争と平和』第一部の日本公開のため、監督兼ピエール役のセルゲーイ・ボンダルチューク、ナターシャ役のリュドミラ・サベーリエワ、エレン役で出演したイリーナ・スコブツェワと共に来日

2002年、心筋梗塞を発作した[1]

人物[編集]

その他[編集]

調査船ヴャチェスラフ・チーホノフ号は俳優にあやかって名付けられた[2]

受賞[編集]

出演作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]